妊娠したら無理は禁物

お産には体力を要します。また生まれるまでの間体重管理を行わなければならないため頑張って運動をしなければならないときもあります。しかしそれには様々な注意点があります。まず妊娠初期の時期にはほとんどの妊婦さんがつわりに悩まされます。体調が悪い中で無理に体を動かそうとするとストレスがかかるため、運動を行うのは中期に入ってからにしましょう。また妊娠後期に入ればお腹も大きくなります。体重管理も厳しくなるのですが、だからと言って無理に動くと転倒の恐れもあって危険です。ゆっくり散歩をしたり、自宅でスクワットをするなどするのがベストです。

妊婦さんの運動について

妊娠が発覚してから安静にすることばかり気にかけていると運動不足によって、肥満の原因にもなります。適度にからだを動かすことは、気分転換や、持久力を高めたり、眠りの質を上げたり便秘の解消などメリットがたくさんあります。しかし、大切な赤ちゃんをお腹に授かってから無理をして体調を崩してしまうといけません。妊娠中は、酸素を十分に使って無理のない範囲でからだを動かすことでお母さんにも赤ちゃんにもよい影響を与えます。しかし初期の頃は、無理せず体調に合わせてからだを動かすことが大切です。また、安産のためにはウィーキングが効果的です。

↑PAGE TOP